2007年04月23日

権利の行使は義務! 権利のための闘争 byイェーリング


「自己の権利が蹂躙されるならば、その権利の目的物が侵されるだけではなく己れの人格までも脅かされるのである。
権利のために闘うことは自身のみならず国家・社会に対する義務であり、ひいては法の生成・発展に貢献するのだ」
 
権利のための闘争 byイェーリング

 19世紀、ドイツの法律家・イェーリングが、丸山先生よりも熱く語ってます。読むと彼の勢いが伝わってます。薄い(解説込みで150ページくらい)ので、一気に読むと、彼の熱気はさらに伝わってきます。


 その勢いのためか、おもしろいこともイロイロ書いてます。


 例えば、損害賠償。


 加害者は被害者から損害賠償を受けるが、加害者はプラスマイナスゼロになるだけ。
 一方、被害者は証拠がない、と言う理由だけで、損害を受けたままにもなりかねない。つまり、マイナスになることもある。

 だから、いま(19世紀のドイツ)の損害賠償制度はけしからん!

(ちなみに、彼が批判したこの損害賠償制度はいまの日本にも引き継がれています。その対極にある損害賠償制度は、アメリカの懲罰的損害賠償制度(例えば、損害は100万円でも、賠償額は1000万円になる、という代物です))
 
 裁判員制度や司法制度改革など、法律のことが話題になりやすい昨今。

 熱くなった法律家の言葉は、なかなかおもろいですよ
posted by ああっ、岩波文庫っ! at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39820225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。